「プラセンタゼリー」

色々なサプリメントで有名な小林製薬の製品です。製薬会社がこだわった原料を使用、徹底した品質管理と厳しい衛星管理体制のもとでできたプラセンタゼリーは安心して食べ続けることができます。

 

小林製薬が独自に選んだプラセンタと4つの成分、コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチン・セラミドをバランスよく配合し美肌になる要素満載です。

 

ラズベリー味のスティックタイプで、透明な肌と潤った肌を手に入れることができることが期待できるというコンセプトで販売されています。

 

1本あたり2.5kcalなのでダイエットをしている人も安心です。1日に1〜2本をよく噛んで食べるようにします。
WEB限定キャンペーンとして、プラセンタゼリー7本を500円で試すことができます。

「美感青汁」

青汁というと、あの独特の苦みとニオイが苦手という方が多く、飲みにくいものだと思っていましたが、この美感青汁はとにかくおいしいのです。
色は青汁の色なのに、マンゴー味でジェルタイプ、とても飲みやすくなっています。

 

青汁の原料と、さらに美容成分がたっぷり配合されています。プラセンタ、コラーゲン、コエンザイムQ10、ヒアルロン酸、セラミドに加えビタミンCが1本あたり120r含まれているので、1日の摂取量85rを超えて摂取できます。

 

ビタミンCはコラーゲン生成には欠かせない成分なので、美肌効果がより期待できますね。
青汁成分はクマザサ、明日葉、大麦若葉、菊芋、がごめ昆布などで、青汁としてもパーフェクトなうえ、美容成分も充実していますから、人気商品になるのが理解できます。

 

定期購入なら30包入り3,700円のところ、初回2,100円と1包あたり70円です。

「飲むプラセンタゼリー」

DHCの「飲むプラセンタゼリー」は、美容とエイジングケアに効果があることで、人気があります。1パックあたり30,000rのプラセンタエキスを配合。
(プラセンタエキス濃縮末は950rです)

 

プラセンタを抽出するのは、有効成分を壊さず成分を抽出することができる、「凍結酵素抽出法」を採用しています。

 

さらにプラセンタの働きをサポートするローヤルゼリーペプチド、セラミド、エラスチンペプチド、ハトムギエキス、ツバメの巣エキス末など5つの美容成分にビタミン類をプラス。

 

70g入りのチュアパックタイプのゼリードリンクで、1パックあたりのカロリーはたったの13kcalですから、ダイエット中の方も安心して飲めます。
1日1パックを目安に飲んでください。

 

5パック入りが税込2,959円と、価格的には高いのですが、それなりの効果があることを実感できます。

胎盤は胎児と母親とを結んで生命を維持し、成長を促すという重要な働きをしています。たった10ヶ月で1個の受精卵を約3キロの赤ん坊に育ててしまうのは、胎盤があらゆる栄養と豊富な生理活性物質を保持しているからなのです。

 

人間の胎盤は出産後捨てられていると思っている方が多いようですが、ブタなどの胎盤とともにその一部は商品化されています。

 

ちなみに人間のプラセンタエキスは注射薬に、ブタのプラセンタエキスは内服薬や健康食品、化粧品に利用されています。
最近は馬のプラセンタエキスを化粧品や健康食品に配合されるようになりました。