美肌の基本は洗顔です。

肌にあった洗顔料を使って、正しく洗うようにしましょう。ぬるま湯を使って洗うのが基本です。顔を洗う前には手を洗って、肌に雑菌や汚れを擦り付けないようにしましょう。ぬるま湯で予洗いをします。そのとき、手がべたついてしまったら、再度、手を洗いましょう。そして、洗顔料を泡立てます。泡立てたものを使って、皮脂の多いTゾーンから優しく洗っていきます。指が肌にあたらないように、泡で洗うイメージで洗います。泡を乗せたままでいると肌の刺激となりますので、なるべく時間をかけずに洗っていくほうが良いです。すすぎはしっかり行い、肌に洗顔料が残らないようにしましょう。柔らかいタオルを使って、水分を吸い取るようにして拭きます。肌をこするとダメージのもとですから、こすらないように心掛けましょう。

 

美肌のためには化粧品は肌にあったものを使用するのが一番です。肌にあったものを選ぶためには、肌が乾燥しない化粧品を選びましょう。美白など有効成分重視で化粧品を選んでしまうと美肌がかえって遠のく可能性があるからです。保湿はスキンケアの基本ですから、肌が乾いてしまうような化粧品では美肌になれません。肌が乾燥してしまうような化粧品は、肌に合わないと考えたほうが良いです。化粧品は肌質にあったものを継続して使うほうが良いですから、予算内で購入できるものから肌質にあったものを選びましょう。予算が厳しいときには、オールインワンタイプなどアイテム数を減らしてケアできる化粧品を選ぶという方法もあります。

 

正しく使うということも大切です。例えば化粧水であれば、洗顔後、素早く化粧水をつける、乾燥しやすい場所には重ねてつける、など、使い方も大切です。化粧水を付けたら美容液、乳液やクリームなど、重ねていきましょう。化粧品によって使う順番が違う場合もありますので、購入したら説明書はよく読んで使用しましょう。化粧水をつけてからクリームなどでフタをするまでに時間を空けすぎると乾燥の元になります。タイミングも考えて使いましょう。