コラーゲンはビタミンCは相性がいい!?一緒に摂取したほうがいいの?

コラーゲンはビタミンCは相性がいいと言われています。コラーゲンとビタミンCは、その相性の良さからも、実は一緒に摂取すると、より効果的であるということが分かってきました。大きな理由としては、ビタミンCの成分の欠乏により、体内では正常なコラーゲンが作られないためです。相性が良いと言われるのは、体内でのこういった働きが関係しているためです。ビタミンCの成分は、体内において、コラーゲン生成を全力でバックアップしてくれます。

 

そんな優れたビタミンCの栄養成分は、水溶性ということも覚えておきましょう。水溶性の栄養成分というのは、体の中にストックしておくことができません。そして1回で沢山の量を摂取したとしても、使われなかった分はそのまま外へと出て行ってしまいます。つまり、毎日のように摂取することが大切になります。サプリメントで摂る場合を考えたとき、最も高い血中濃度となるのは、1時間から2時間後です。このタイミングが狙い目で、ペプチドやコラーゲンの成分をともに生存していることが重要になってきます。

 

飲むタイミングも味方にするなら、睡眠に入る前の1時間から2時間くらい前がグッドタイミングです。睡眠に入った直後は、体内において成長ホルモン分泌が活発化されます。このタイミングにちょうど上がるように、2つの栄養成分の血中濃度を上げておくことがポイントです。ビタミンCは100mg摂ったとき、体内に吸収されるのは80%から90%ほどになります。これが1,000mgになると50%以下になります。5,000mgになると20%くらいにしかなりません。

 

ビタミンCの1日の摂取量としては、100mgから300mgくらいが目安となります。サプリメントからもいいですが、食品からも摂取しやすい栄養ですから、食事の内容をチェックしてみるのもいいでしょう。野菜やフルーツ、飲み物や発酵食品などからも、ビタミンCは摂取がしやすいです。