コラーゲンが不足すると、わかりやすい症状として表れてくるのが、素肌の衰えです。

シワやたるみといった症状は、その弾力となっているのがタンパク質であり、その70%がコラーゲンだからです。皮膚の弾力となっているものであり、細胞同士をつなぐ役目もしています。皮膚から大切な水分が蒸発をしていかないように、守ってくれているのも役目の一つです。だから不足した分を補うように、美容ケアアイテムや美容ドリンクには、コラーゲン配合の美容商品が多く販売されているわけです。

 

不足した時に肌への影響だけではなく、健康においても影響を及ぼします。病気というとピンとこないかもしれませんが、血管の衰えにも関わってきます。人間には体内に血管が張り巡らされていて、良い状態だからこそ体中に必要な栄養素なども運ばれていきます。血管の強度や柔軟性のためにコラーゲンが必要であるため、不足することで、血管が硬くなったりして破れることも考えられます。血管だけではなく、軟骨や骨に関しての病気も心配はないと言えません。カルシウムとともに、並んで主成分であるためです。成分が足りなくなってくれば、骨折しやすくなりますし、関節痛も引き起こすことがあります。

 

眼の病気にも関わってくるとも言われています。それは人間の目には、たくさんのコラーゲン成分が含まれているためです。不足によって引き起こる症状として、眼精疲労なども挙げられます。体内にだけではなく、眼にもさまざまなトラブルを引き起こす可能性を持っていますから、足りないままにしておくのは良くありません。年齢とともに体内には減っていくため、積極的に摂取する必要があります。

 

ほかにも挙げられるマイナス面としては、コラーゲンが足りない状態が続くと、免疫力も低下することになります。細動をつなぐ役割もしていますから、外部からのウイルスなどの侵入もブロックする働きをしています。内蔵修復の際にも必要ですし、さまざまな働きに必要なのに、足りなくなれば免疫力はだんだんと低下していくことになります。