コラーゲンの過剰摂取(とりすぎ)で副作用はある?悪影響は?

コラーゲンは私たち人間の体の約30%も占める重要なタンパク質で、肌や内臓、血管など体のあらゆるところに存在しています。

 

コラーゲンは内臓や肌を構成する役目を担っているので、コラーゲンがないと臓器や肌も形を保てなくなりバラバラになってしまいます。

 

特に、肌のたるみやシワ、乾燥を予防する効果や、軟骨の現象による関節炎や骨粗鬆症の予防など、体に様々な良い作用を与えてくれるので、食べ物の他、サプリメントなどで補う人も少なくありません。

 

ただ、いくら体に必要だといっても、とりすぎると思わぬ副作用や悪影響を及ぼしてしまうことがあるのはご存知でしょうか。

 

女性の中には若々しい肌を保ちたいからといってなるべくたくさん取ったほうがいいと勘違いされている人もいるかと思われますが、過剰摂取することでどんなことが起こるのでしょうか。

 

コラーゲンはタンパク質の一種なので、体内に取り込まれると肝臓で分解されます。
とりすぎは肝臓に負担をかけるのため、あまりに過剰摂取することで肝臓病のリスクを上げる悪影響にもつながりかねません。

 

また、サプリメントで補うのには抵抗があるという人はなるべく食べ物で摂取しようと心がけるかもしれませんが、コラーゲンの多く含まれる肉や魚のとりすぎによって高カロリーになってしまい、吹き出物やニキビなどの副作用が出る可能性もあります。

 

それ以外に、過剰摂取することによってうまく肝臓が分解できずに、脂肪と老廃物の塊であるセルライトとして体にくっついて痩せにくい体になってしまうという悪影響を及ぼします。

 

過剰摂取することで思わぬ副作用や悪影響が出てしまうコラーゲンですが、一日の摂取量を守り、あるいは運動してアミノ酸が大量に消費されている時などは、少し多めにとっても良いとされています。

 

ただ意味もなくとりすぎるのではなく、運動量や食べ物からの摂取などで調節して体に負担にかからないように効率よく摂取するようにしましょう。