フィッシュコラーゲンと豚コラーゲンの違いは?メリットとデメリット

美容に良いとされている成分には多くの種類がありますが、特に有名な成分としてはコラーゲンがあげられます。コラーゲンは元々体内にある成分で肌にハリや弾力を与えたり、爪や髪の健康にも欠かせない成分です。そして関節をスムーズに動かすのにも欠かせない成分となっています。

 

コラーゲンは元々体内にある成分ですが、加齢とともに減少していく傾向にあり、それゆえに肌の弾力が落ち、たるみやシワの原因となってしまいます。それゆえに足りない分は食品やサプリメントで補っていくことが大切です。

 

そしてコラーゲン商品もサプリメントやドリンクなど様々な種類がありますが、多く使われているものに豚由来の豚コラーゲン、そして魚由来のフィッシュコラーゲンがあります。

 

選ぶ際はどちらが良いのか迷ってしまいますが、まずはそれぞれの違いをよく理解し、メリット、デメリットも確認したうえで最適な商品を選んでいきましょう。

 

豚コラーゲンのような動物性コラーゲンは熱に強く加工が比較的簡単に行えますので購入価格が比較的安いというメリットがあります。デメリットとしては独特の臭みがあること、体内への吸収性が低いということがあげられます。脂肪などの不純物などが混じりやすく、純度が低い、カロリーが高めということもデメリットとしてあげられます。

 

豚コラーゲンが動物性コラーゲンであるのに対し、フィッシュコラーゲンは海洋性の魚由来のコラーゲンという大きな違いがあります。
フィッシュコラーゲンのメリットとしては、低分子なので吸収されやすいというメリットがあります。
そして臭いも少ないのでサプリメントやドリンクも飲みやすいというのもメリットです。デメリットとしては良質なフィッシュコラーゲンは食事だけでは取るのが難しい、熱に弱いことなどがあげられます。

 

コラーゲンといってもどれも同じではなく、動物性のもの、魚由来のものではそれぞれ違いがありますので、サプリメントやドリンクで摂る場合もできるだけ良質なものを選びましょう。